不動産を買う時のローン、担保について

不動産を買うにあたっての注意事項とは何があるかを考えるてみる。

まずは、不動産の立地、価格、住みやすいかを考える。

条件が揃い、いざ買うとなった場合、自己資金で買える人はいいが、若い人など自己資金で買える人は少ないと考えられる。

自己資金の一部を頭金にして、残金をローンで組むことになる。

不動産屋が銀行を紹介してくれる所もあるが、自分で金利の安い住宅ローンを決める場合もある。

銀行に借りる場合、担保が必要になるが、その際、団体生命保険に加入することで、だいたいの人が借りられる。

が、団体生命保険に加入出来ない人もいる。

その場合、親兄弟や友人に担保として保証人になって貰い、ローンを組むことになる。

友人に保証人になってもらう場合は、よほどの信用が無いとなってもらえない。

住宅ローンも種類によって、固定金利、変動金利等、色々な商品がある。

また、数年経って、ある程度のお金が貯まったら、一部を繰り上げ返済することも可能である。

また、別の銀行にローンの乗り換えも出来る。

一般のサラリーマンにとっては一生に一度の大きな買い物なので払って行けるよう、子供の事、将来の事などを十分に考慮して後悔の無いように買うと良いと思う。

Posted by 2013年7月27日 Category: 担保