不動産を担保にした住宅ローンについて

不動産を担保にした住宅ローンには固定金利と変動金利があり、一昔前までは固定金利が安心ということでほとんどの人が選んでいました。

近年は不況の影響で金利が下がり、変動金利では1パーセントを切るような商品もでてきました。

固定金利のメリットは総支払額が明確になる点と金利が上がっても支払額が変わらないということでしたが、元々の金利が高いため、ほとんど金利が動かない状態では、かえって返済額が大きくなることもあります。

ただしだからといって変動金利がいいと言うわけでもなく、どんな条件のプランであるかが重要だと思います。

たとえば金利優遇が全期間ついているのか、繰り上げ返済の際の手数料はどうかなど同じ変動金利であっても大きく変わってきます。

私が考えるベストな不動産を担保にした住宅ローンのプランは変動金利に金利優遇が全期間同じ率でつけてくれるタイプで毎月の返済額のみのボーナス払いなしで支払える範囲でローンを組み、返済年数は定年プラス5年以内、ボーナスを貯蓄していき3年から5年に一度の割合で繰り上げ返済をしていく形です。

万が一不動産担保ローンの金利が上がっても繰り上げ返済ができていれば金利上昇分は十分にカバーできるからです。

ボーナス分は不確定な要素が多いので補てんとして見るほうが安全だと思います。